Veneto

カルネバーレの揚げ菓子オンパレード

前回の記事に、エッチな迷惑コメントを書いてくれた
人がいた。ふふん、私のブログも、ようやっと
知人以外の人も見てくれるようになった
証拠かと前向きに考え、さっさと削除。

先週はヴェネチアのカルネバーレ菓子、
その他ベネト地方の取材へ行っておりました。

カーニバルとカルネバーレをなにか
別の物と考えている日本の人は結構多いようだけど、
カーニバルは英語、カルネバーレはイタリア語で
「謝肉祭」を意味する言葉。
4月頃にある復活祭の46日前から断食、つまり
肉断ちをするので、その前に肉をごっそり食って、
仮装なんかもして騒ぎしようや、みたいなことらしい。

いろいろな人がいた。
Carnevale3 Carnevale2_2 Carnevale1

カルネバーレの語源も、ラテン語で
「カルネ=肉」「バーレ=さらば」から
来ているとか。
肉よさらばじゃ~、と言って
おさらばする前に肉肉肉~っといっぱい
食べたくなるのは、さすが肉食人種な
ヨーロピアン。

カーニバルの時期には、各地で揚げ菓子が
でまわるのも、揚げ物=油をたっぷり使う
リッチな料理、ということで、辛く悲しい断食の前に
ご馳走を、という気持ちから生まれたのかもしれない。

ベネチアのカルネバーレ菓子といえば
フリッテッレ・ベネチアーナ」。
まるでドーナツ。
小麦粉、卵、砂糖の生地をビール酵母で発酵させ、
干しぶどうと松の実を入れてお団子状にし、
揚げて砂糖をまぶす。
素朴な味わいだけど、干しぶどうと松の実、って
ところが日本のただのドーナツと、
ベネチアのカルネバーレ菓子の
違いであって、おしゃれ感がただよいます。
Frittelle_v_2

かの昔、ベネチアが世界一の海運国として
栄えた頃にも、フリッテッレを頬張りながら
「おお、異国から船でやってきた干しぶどうよ、
松の実よ」と珍重し、断食前の一時の
幸せに浸っていたのかな。

でもね、ベネチアのお菓子屋さんは
どこも観光客相手であんまりおいしそうじゃないので
私はベネチアから電車で一駅のメストレにある
(ここもベネチア市内)名店「Pasticceria PETTENO」
で取材させてもらったのである。ほんと、
ふんわりと柔らかいドーナツみたいでおいしかった。

一方、北イタリアの各地では、
小麦粉と砂糖に卵とバター少々を入れ、
白ワインとか、地方によってはグラッパなどで
風味を付けた生地を薄くのばして揚げたお菓子
「ブジエ」がポピュラーなカルネバーレ菓子。
ただし各地方それぞれで
全く違う名前で呼ばれているので要注意。

ピエモンテではブジエ、
ミラノのあるロンバルディアではキアッケレ、
そして今回のベネチア地方では
ガラニと呼んでいた。
Bugie

薄くパリパリっと仕上がっているものはとても
おいしくて次々に食べてしまうけれど、
揚げてあるのでとても危険。
おいしくない店のはボテッと分厚い。
ヘルシーを狙って「当店のは揚げずに、
オーブンで焼いていますよ」と謳う店も
増えているけど、うーん、これじゃビスケット
だよね、みたいなのが多い。
というわけで、ブジエのレシピ。

Bugie

材料(できあがり約50枚程度)

小麦粉          250

砂糖           15g

バター          40g

卵            1個

白ワイン        50cc

レモンの皮のすりおろし 1個分

揚げ油         適量

グラニュー糖、または粉糖 適量

作り方

    材料を全て混ぜ合わせ、
ひとまとめにしたら冷蔵庫で30分休ませる。

    できればパスタマシンを使って、極薄にのばす。
好きな形、大きさに切る。

③ 160度程度の低温の油で、ほんのりときつね色になるまで揚げる。
  ペーパーの上にひきあげ、グラニュー糖または
  粉糖を好みでふりかける。
  180度に熱したオーヴンで焼いてもよいけど、パリパリ感は
  やっぱり揚げた方がいい感じだよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)