« おいしいもの、正しいこと、人間としての質 | トップページ | 美味しかった〜サンマリノ »

サンマリノのご近所のカリオストロの城

さて、昨日の続き、

サンマリノのお話。

サンマリノ共和国というところは、

イタリアの中にあって、エミリア・ロマーニャ州と

マルケ州にはさまれた、小さな独立国。

サイズは日本の八丈島ぐらいで、

世界第5位の小ささ。

ちなみに世界で一番小さいのは

バチカン市国なので、

イタリアの国の中には、

世界ベストちび国が二つもあることになる。

小さいだけでなく、歴史もとても古くて

現存する共和国としては世界最古だそう。

街並も中世の香りがプンプンして

なかなかかわいい。

Sanmarino

そのサンマリノから車で30分ほどのところにある

サン・レオという小さな街に、

ルパン三世の「カリオストロの城」の

モデルとなった要塞があって、

ぜひとお勧めされたので行ってみた。

Photo

本当はカリオストロの城という名前ではないのだけれど、

カリオストロ伯という当代一の詐欺師のような人が

いろいろな悪事を働いた末に逮捕され、

この要塞で人生を終えたことにちなんでいるそうだ。

パリのバスティーユ牢獄とか、

ローマのサンタンジェロ城とか、

堅牢で知られる牢獄に次々と入れられたのだけど

脱獄しまくり、最後に入り口(出口)が

たった一つで、逃亡不可能と言われていた

このサン・レオの城に送られた。

カリオストロが最後にはたらいた最大の悪事は、

フランス歴史上有名な「くびかざり事件」。

当時で1億ユーロ相当のダイヤの首飾りをめぐる

マリーアントワネットがらみの大詐欺事件の

首謀者が、実はこんなところにいたとは! と

ベルばらでフランスの歴史を覚えた私は興味津々。

ルパン好きの男性には、ルパン愛用のワルサーP38を

始めとするピストルやライフルなどの武器展示室、

中世の拷問の道具室などなどあって、

これもとてもキモ・怖でおもしろい。

Caliostro

城塞から見えるあたりいったいに広がる

大平野の風景もとても素敵。

そして。サンマリノやこのあたりの食は、

エミリア・ロマーニャ州のそれなので、

これまたとても素敵。おいしいものの連続でした。

ということで、その話はまた明日。

|

« おいしいもの、正しいこと、人間としての質 | トップページ | 美味しかった〜サンマリノ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

中学生の頃、ルパン3世ファンクラブに入っていて「ルパン好き」と言いつつ、カリオストロの城のモデルとなった場所を落していたとは....
この穴を埋めるためにも絶対にイタリアに再上陸しなくては!

投稿: 1010 | 2012年11月 5日 (月) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンマリノのご近所のカリオストロの城:

« おいしいもの、正しいこと、人間としての質 | トップページ | 美味しかった〜サンマリノ »