« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

-12度でも女を忘れないイタリアマダムの防寒スタイルとは!

連載させていただいている
あるお菓子会社のサイトで、
トリノだってみんなが思うほど
たいして寒くない、なんて見栄を張ったら
その罰があたったのか、
この一週間ずっと雪と、
極寒の日々。

なんでもシベリアから大寒波が来ているとかで、
今朝も最低気温-12度、日中も
日が出ているのに-6度とか。

東欧の方では死者もでているそうだ。
3月に引っ越す予定の新居では
こんなにすごい雪。
Img_3330

そんな寒さの中、通っているダンスジムの
更衣室にて。
その更衣室は、個室ではなくて、
みんなでしゃべったりしながら着替えるのだが、
イタリアの女性は、日本女性のように
隠したりせず、ドーンと脱いで、ドーンと着る。
いや、むしろこちらの方が世界の大多数で、
女性同士なのに隠す日本人女性のほうが
異質かもしれない。

それはともかく、昨日の朝のことだ。
ジムが終了して、みんなで着替えをしていた。
私は友人としゃべりながら、なにげなく
見える方を見ながら着替えていると、
一人のイタリアマダムが目に入った。

ブラをして、パンツをはいている。
そこにタートルのセーターを着た。ここまではいい。
次にストッキングを履いた。しかしこのストッキング、
俗に言うパンティストッキングでなくて、
太ももの辺りで終わるタイプ、
セクシー女優なんかがガーターで止めて
履いているやつだ、つまりパンツ部分がない。

へー、なんかこの人のパンツ、ゆるゆるだなあ、
でもあの上に、毛糸のパンツかなんか
履くのかなあ? と思いつつ、
口は友人とおしゃべりを続けつつ、眺め続けた私。

するとなんと! その上にスカートをはいて終わり。
そのスカートも、コットンシルクかなにかの、
軽い素材で、見るからに寒々しい。

うーん。寒くないのかなあ、この人?
それとも、お尻がすぐに出せるようにしておく
必要のご職業か何かの人なんだろうか??
女を極めるには、どんなに寒くても
セクシーであることを忘れない、
イタリア女性の鏡なのだろうか???

しかし驚きを通り越して、
笑いが止まらなくなったのはその後。
出口でそのシニョーラに会った時だ。
ダウンを着て、マフラーを巻き、毛糸の帽子を
かぶっている、手編み風シマシマの帽子だよ。

もちろんお尻はパン一のまま。

写真を撮ってお見せしたかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »