« イタリア風ルーズな時間と山のご馳走 | トップページ | 美白な日本 »

お料理教室とイタリアのスト

先週の木、金と、
月に一回我が家で開催してるお料理教室の日だった。
開催、なーんて書くと偉そうだけど、
トリノ駐在の奥様方と、永住組日本人女性たちに
私がイタリア料理をお教えして、一緒に食べて、
日本語で喋りまくって日頃のイタリア暮らしで
たまった憂さを晴らすという会だ。

メニューは「フレッシュトマトとケッパーの
パンテスコペーストあえスパゲティ」。
熟したトマトを荒く刻んだところに、極上オリーブオイルと
つぶしたニンニクを放り込んで香りを移し、
塩漬けのケッパーとイタリアンパセリも刻んで
加えたものがパンテスコペースト。
シチリアのパンテレリアという島で取れる
ケッパーが上質で有名なので、
そのケッパーを使ったトマトソースが「パンテスコ」というわけだ。

ケッパーはもちろん酢漬けじゃなくて、塩漬け。
水にしばらくつけて塩抜きしましょう、なーんて書いてある
レシピをときどき見かけるけど、それは間違い。
塩漬けのケッパーの塩はさっと洗い流すだけでいい。
そうじゃないと、せっかくのうまみまで流れて行ってしまうからね。

二品目は「カタクチイワシのグラタン」。
トリノあたりではいわゆるイワシ(Sarde)よりも
カタクチイワシ(Acciughe)のほうが頻繁に魚屋さんで
手に入る。イタリア風にマリネにしたり、
コハダ風に酢締めにしたり、フライにしたり、
ミートソースにしたりといろいろに使う。

今日は固くなったパンとニンニク、パセリ、オレガノ、
塩、こしょう、オリーブオイル少々をミキサーに入れて
味付きパン粉を作り、手開きにしたカタクチイワシとこのパン粉、
トマトソースを重ねてオーブンで焼く。
魚はやっと火が入る程度の焼き加減でしっとり、
ニンニクやハーブ類、オリーヴオイルの香りが
プンプン口の中に充満して、イタリアの夏らしい一皿。
安いし、簡単だし、ヘルシーだし、
いうことなしの一品というわけ。

そしてデザート。黄桃を半割にしたところへ、
チョコレート風味の詰め物をしてオーブンで焼いた
「ペスカ・リピエーナ」。

できたてよりも、一日経って冷蔵庫で冷えていたほうがおいしいので、
初日の人たちの分は前日私が作り、
初日の人たちは翌二日目の人たちの分を作るという仕組み。
そう、我が家のダイニングテーブルは最大8人がけなので
2日に分けて料理教室をやっているのです。

ところが金曜日はバス、地下鉄が一斉スト。
駐在の奥様方は、ほとんどの方が運転せずに
バスや市電で街を移動するエコな方々。だけど
ストがあるとどこへも行けなくなる。というわけで
二日目の金曜日は中止とあいなりました。

二日目に料理の写真を撮ろうと思っていたので、
写真がない。ごめんなさい。かわりに先日
「イ・ボローニャ」で食べた料理の写真を。
Ceci_2  これはただひよこ豆を肉のブロードで煮ただけの
ものなのに、日本から来た友人はあまりのおいしさに
「うっふっふ~」と笑い声を立ててしまい、
遠くのテーブルで同じものを食べていた外人客に
(お前が外人なんだよ)
ニンマリ笑われてしまった。でもその笑いは
同感の笑いだったなあ。

あ、そしてこれもすごかった。
Tamago 半熟卵のフライ。半分に切ると中身がとろ~りと
流れ出して、下にしいたアーティチョークに
からまるという具合。思い出すだけで涎がでます。 

さてストの話。日本みたいに、ストするよ、するよ、
といっておいてほぼ絶対しない国とは違って、
イタリアでするといったらほぼ間違いなくする。

交通機関なんかまだかわいいほうで、
ジャーナリストもストをするから、テレビの番組の種類がぐっと減るし、
新聞は休刊になる。

学校の先生だってストをするから、
いきなり学校が休みになるんだけど、
そうすると働くお母さんたちはものすごく困る。

そして医者までストをする!
そんなに稼いでいるくせに、これ以上要求してどうする!
と思うけど、とにかく彼らもストをする。

ずいぶん前の話だが、子宮筋腫の手術を
することになって、前日の夜から入院して
備えていた。朝食は当然抜きで、
朝の10時ごろから始まるはずの手術を
待っていた。ところがいつになっても
看護婦さんは呼びに来ない。
とうとう昼を過ぎたので、業を煮やした
家族が聞きに行くと、執刀医も麻酔医も
ストだから、夕方までできないという。

実は手術とか病院が大好きな変態の私は、
ただただお腹が空いてたまらん、ということのみ
気になって仕方がなかったのだが、
家族たちはかなりイライラしていたっけ。

さて、来週から1カ月半の日本。
かわいいけど、もう老年のムニとヒトミをおいて
7週間も留守にするのは本当に心配。Muhi1

では日本でお会いしましょう。

|

« イタリア風ルーズな時間と山のご馳走 | トップページ | 美白な日本 »

ぼやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。 5月初頭にトリノ在住の方からご紹介していただいた者です。 その時どうやってもブログが開けなくて諦めてました。 いよいよ来週19日にトリノに向かいますので再度トライしたら、まあ、美味しそうなお料理と楽しげなお話が。
そちらに行きましたら、よろしくお付き合いお願いいたします。お料理も教えてくださいね。 そうそう、日本米の共同購入もなさってるとか。もしまだお願いできるなら是非お願いしいたいのですが。
  豊中市在住

投稿: Fuse Chieko | 2010年7月13日 (火) 11時03分

相変わらず、姉さんのお話は、どれもこれも美味しそう!!
どこでもドアがあったらなぁ~。
来週から一時帰国なんだね。きっとお仕事半分なんだろうけど、美味しい物沢山食べて、満喫して来てね~

投稿: 1010 | 2010年7月14日 (水) 16時48分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 職務経歴書の書き方の見本 | 2014年5月26日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お料理教室とイタリアのスト:

» トピック宅配便 [トピック宅配便]
世の中のトピックをお届けするブログです [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 18時25分

« イタリア風ルーズな時間と山のご馳走 | トップページ | 美白な日本 »