ひやっ!「文系入試も理数必須」

何度やり直しても今日はなぜか
改行できないので、読みづらくてすみません。
さて、今朝Yahoo!ニュースを立ち上げると、こんなのが。

文系入試も理数必須 自民提言 

技術立国に不可欠

技術大国としてやっていくには、次世代の技術者を育てるために
今から理数系の教育の充実が大事、という話。
ううーむ。
大学入試したの、昔でよかった。
危うく、大学入れないところだった
理数系のとことん苦手な私は、
でも国語だけはよくできていて、
でも高校に入って数学で落第しないために
テスト前の勉強時間はすべて数学の勉強に
むなしく費やしていた。
だから3年になって、文系クラスになって
数学から解放されたら国語や歴史の偏差値が
飛躍的にアップしたのを覚えている。
国語は勉強しなくてもまあまあの成績を
維持できていたけど、勉強したら
もっとよくなったというわけ。
そういう人の救いの場がなくなっちゃうような
気もするけど、文系なんかは産業を生み出さないから
勝手にやってなさい、ということかな。
そんな技術大国を目指す日本のセコさ、
というかヨーロッパ大企業の懐の深さを
実感した先日の小さな出来事。
私が3年ほど前に使っていて、半分壊れた状態の
NOKIAの携帯を娘がおもちゃ代わりに使っていた時期があった。
その娘も去年のクリスマスには自分の携帯を
初めて買ってもう。それもたまたまNOKIA。
で、先日娘が古い方のNOKIAをいじっていたら
バッテリーが全く同じものであるのを発見。
ラッキー、新しい携帯の予備に仕えるじゃん。
この時、数年前の別の小さな出来事を思い出した。
出張中にキャノンのデジカメの充電が切れてしまった
ことがあって、同行していた人が、同メーカー、同シリーズの
デジカメを持っていたので、バッテリー貸しますよ、と
取り出してくれた。が、入れてみると数ミリのサイズ違いで
仕えない。なんかセコいね、とみんなで顔を見合わせたのを
思い出した。
技術大国結構だけれど、
経済を活性化したい! じゃ、やっぱ日本は技術系でしょ、
じゃ、理系の勉強をいっぱいさせましょ! 
みたいな短絡的な考え方を国のトップがするような
国では、やっぱり成熟した大人な国には
なれないと思うけど。
NOKIAのバッテリーの話ではないが、
ヨーロッパではずいぶん前から化粧品の
会社が動物実験をしないのが当たり前になっているという話。
日本の化粧品の大企業たちは、ようやく最近腰を上げ始めたとか?
ま、あげないよりはましだよね。
というわけで、今日のお料理。
「アンコウのチェリートマトソース」
Img_4341
アンコウの切り身を、オリーブオイルを入れて
カンカンに熱くしたフライパンでジュッと両面に焦げ目をつけたら
いったん取り出して、半割りにしたチェリートマトと
ケッパーを数粒フライパンに放り込む。
塩味を調整して(ケッパーがあるからね)
トマトがグジュグジュになったら
再度アンコウを入れて温めたら
できあがり。バジリコも添えるとなおおいしい。
プリプリのアンコウ、鍋だけじゃなく
こんなのもいかが?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«消費税の罠、そしてナスのパルマ風